【青森コロナ1年】県内初のクラスター発生施設 職員の心の傷、今も癒えず

施設に寄せられた声援の手紙。当時、施設内に張り出され、職員を励ました(施設提供)※写真は一部加工しています 
施設に寄せられた声援の手紙。当時、施設内に張り出され、職員を励ました(施設提供)※写真は一部加工しています 
「周囲に対して、ごめんなさいという思いは一生消えない」―。昨年4月、青森県内で初めて新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した十和田市の認知症グループホーム。未知のウイルスによる集団感染は地域に衝撃を与えるとともに、施設の日常も.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録