洋野種市―階上IC間 利用量1・3倍に

東北地方整備局は24日、三陸沿岸道路(八戸市―仙台市)と、並行する国道の交通量を発表した。昨年12月開通の洋野種市インターチェンジ(IC)―階上IC間(延長7キロ)は、1日当たり5500台。並行する国道の交通量を足すと1万800台となり、1.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録