乗車人員32%減 20年度決算赤字見通し/三陸鉄道

三陸鉄道(岩手県宮古市)は24日、盛岡市で取締役会を開き、リアス線(久慈―盛)の2020年4月~21年2月期の乗車人員が、新型コロナウイルスの影響で前年同期比32・0%減の59万4284人に落ち込んだことを明らかにした。20年度決算も赤字と.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録