保険料還付金名目 60代女性が292万円だまし取られる

五所川原署は24日、青森県内に住む60代女性が保険料の還付金名目で約292万7千円をだまし取られる被害があったと発表した。 同署によると、23日午前11時ごろ、女性方に市役所職員のカミヤマを名乗る男から「保険料の余剰金があるため還付を受ける.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録