【コロナ県内初確認1年】対策コーディネーターの大西医師に聞く

「感染する場面としない場面のめりはりも重要」と話す青森県感染症対策コーディネーターの大西基喜医師=19日、県庁
「感染する場面としない場面のめりはりも重要」と話す青森県感染症対策コーディネーターの大西基喜医師=19日、県庁
青森県内で新型コロナウイルスの感染者が初めて確認されてから1年が経過した。3月に入っても新規感染の発生が相次ぎ、収束は見通せない状況だ。これまでの感染傾向や今後の懸念について、県感染症対策コーディネーターの大西基喜医師に聞いた。 ―感染の傾.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録