【新型コロナ】県内感染初確認から1年 生活一変、ワクチン見通し不透明

青森県内で新型コロナウイルスの感染者が初めて確認されてから23日で1年が経過した。感染者は22日までに896人、死者は20人に上る。マスク着用や社会的距離の確保、密集回避など感染症対策が不可欠となり、市民の日常生活は大きく変わった。収束の切.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録