奥入瀬渓流マイカー規制 全来訪者から協力金徴収を検討

奥入瀬渓流沿いを通る国道102号の将来的な交通形態を話し合う、奥入瀬渓流利活用検討委員会(委員長・石田東生筑波大名誉教授)は23日、青森市で第13回会合を開いた。事務局の青森県は将来的な交通規制と入域料(協力金)の徴収を見据え、2022年度.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録