変異株の検査体制拡充を 共産八戸市議団、市に要望

新型コロナウイルス対策で、共産党八戸市議団は23日、市に対し、変異株の疑いを確認する検査の割合を大幅に引き上げることなどを要望した。 要望書では、新型コロナの封じ込めに向け、大規模検査の戦略を持ち、実行することが重要―と指摘。社会的検査の対.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録