六戸高より良く 生徒と教職員、保護者、地域住民が初の「サミット」

より良い学校づくりへ生徒と教職員、地域住民らが意見交換した六高サミット
より良い学校づくりへ生徒と教職員、地域住民らが意見交換した六高サミット
青森県立六戸高(吉田繁徳校長)は19日、生徒と教職員、保護者、地域住民で学校内のさまざまな問題を話し合う、初の「六戸高校四者協議会(六高サミット)」を開いた。生徒たちは普段の学校生活で浮かんだ疑問や校則について、教職員らと意見交換し、校則や.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録