工大二高、蕪嶋神社へふんよけ傘寄贈 生徒手描きの名物イラスト入り

八戸の名物を描いた傘やお守りを寄贈した生徒ら
八戸の名物を描いた傘やお守りを寄贈した生徒ら
八戸工大二高(明石進校長)は18日、ウミネコのふんよけのための傘70本を八戸市の蕪嶋神社へ寄贈した。傘は生徒によるイラスト付き。生徒は「傘越しにきれいな風景を見て、八戸の魅力を感じてほしい」と語った。 同校では生徒有志が例年、蕪島などで観光.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録