【センバツ】序盤の失点悔やむ/藤本

これまでエース福島蓮を支えてきた女房役の藤本楓都は、立ち上がりから福島の異変に気づいていた。「制球が悪く、カウントを取れる球種が見つからなかった。ブルペンでは悪くなかったのに…」 初回を乗り切ったが、二回には無死二、三塁のピンチを招き、先制.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録