【センバツ】エース福島、制球に苦しみ5失点

【八戸西―具志川商】2回裏具志川商1死二、三塁、上原に先制2点打を許した八戸西・福島=甲子園
【八戸西―具志川商】2回裏具志川商1死二、三塁、上原に先制2点打を許した八戸西・福島=甲子園
八戸西の先発マウンドを託されたのは、エース福島蓮。長身から投げ下ろす角度のある直球と、フォークなど変化球の緩急が持ち味だ。好仕上がりが伝えられていたが、いざ本番は初回から制球に苦しみ、五回5失点で降板。「納得のいく球は、1球もなかった」。聖.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録