八戸死亡火災、小屋の所有者判明 遺体の身元は不明のまま

18日夕、八戸市大久保大塚で、木造の小屋が全焼し、焼け跡から性別不明の1人の遺体が見つかった火災で、八戸署は22日、小屋の所有者が同市吹上二丁目、無職男性(62)と判明したと発表した。 同署によると小屋は、男性の親族が以前、農作業中の休憩場.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録