【新型コロナ】留め置かれる認知症患者 入院回復後も行き場なく長期化

 東京都世田谷区の都立松沢病院で、新型コロナ患者の治療に当たる医療従事者=2月(同病院提供)
 東京都世田谷区の都立松沢病院で、新型コロナ患者の治療に当たる医療従事者=2月(同病院提供)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う病床逼迫(ひっぱく)で、認知症や精神疾患のある感染者が入院できずに治療設備のない介護施設や精神科病院にとどまらざるを得ない事態が相次いだ。入院できても回復後の受け入れ先が見つからず、長期入院を強いられるケー.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録