【ヴァンラーレ―富山】前半2失点で劣勢、後半好機演出で収穫も

八戸は前半の2失点が尾を引き、今季初黒星を喫した。前半30分すぎにPKで先制を許し、10分後にも失点し、劣勢に立たされた。MF前澤甲気は「ディフェンスラインと連続(失点)はなしと確認したはずだったが…。難しい戦いになってしまった」と肩を落と.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録