「追い込まれ」警戒、与党に広がる波紋 首相の4月解散否定発言

 衆院解散を巡る政権内の主な発言
 衆院解散を巡る政権内の主な発言
菅義偉首相による4月上旬の訪米後の衆院解散否定発言が、与党内で波紋を広げている。早期の解散・総選挙に慎重な公明党は歓迎するものの、衆院議員の任期満了を10月21日に控え、「追い込まれ解散」を警戒する自民党内には戸惑いもある。自公とも首相の真.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録