【日銀金融政策修正】物価目標かすみ「漂流」 コロナ後の再生不透明

 日銀の金融政策の歴史
 日銀の金融政策の歴史
日銀が金融緩和の長期化を見据え、副作用を軽減する政策修正を決めた。黒田東彦総裁の下、大胆な緩和策を続けながら物価上昇目標の達成が遠くかすんだ今の日銀に対しては「漂流」(前日銀総裁の白川方明氏)との厳しい声も上がる。真の課題とされる生産性向上.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録