青果は数量、金額とも増 野菜単価高、果実は動き鈍く/八戸市中央卸売市場2月市況

八戸市中央卸売市場が19日まとめた2月の市況概要によると、青果部門の取扱数量は7536トン(前年同月比3・5%増)、取扱金額は21億3734万円(44・8%増)。野菜は青森県産ゴボウやニンニクなどが品薄で単価高となった半面、果実は寒波の影響.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録