羽田発着枠配分決めるトライアル1年延期/三沢空港

国土交通省航空局が、三沢空港と下地島空港(沖縄)を対象に今月28日から1年間、羽田空港の国内線発着枠の配分先決定へ実施を予定していた、実績評価のための「トライアル運航」の開始を1年延期し、2022年3月末開始と決めたことが18日、分かった。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録