【震災10年】「思い出の品」返却施設閉鎖へ 管理人漂う寂しさ

 津波被災地で見つかったランドセルを手にする川口登さん。「思い出の品展示場」には、ぬいぐるみなどがずらりと並ぶ=12日、福島県浪江町
 津波被災地で見つかったランドセルを手にする川口登さん。「思い出の品展示場」には、ぬいぐるみなどがずらりと並ぶ=12日、福島県浪江町
東日本大震災の津波被災地であり、東京電力福島第1原発事故で大半の区域が立ち入り禁止となっている福島県浪江町の「思い出の品展示場」には、がれき処理中に見つかった写真や家財がずらりと並ぶ。震災発生から10年が過ぎた21日の閉鎖が決まり、管理人の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録