【刻む記憶~東日本大震災10年】「死ぬまで支援続けたい」 野田に通い続ける大学教授

野田村の職員(左)と意見を交わす渥美公秀さん=2月27日、同村
野田村の職員(左)と意見を交わす渥美公秀さん=2月27日、同村
大阪大大学院教授の渥美公秀(ともひで)さん(59)=共生行動論=は東日本大震災以降、野田村に通い続けている。自宅のある大阪府交野市から7時間かけて村を訪れた回数は10年間で300回近くに上り、滞在日数は優に1年を越える。「10年で終わりじゃ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録