【同性婚裁判で初判断】社会の変化強調、国に対応迫る

 同性婚訴訟の札幌地裁判決後、記者会見する原告(手前)=17日午後、札幌市
 同性婚訴訟の札幌地裁判決後、記者会見する原告(手前)=17日午後、札幌市
同性同士の結婚を認めない民法などの規定を違憲とした札幌地裁判決は、同性愛者に対する社会の意識が肯定的に変化している点を強調し、不安定な立場に置かれた性的少数者の声に応えた。法制化に動かない国に対応を迫った判断と言える。 ▽保障 さいたま市で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録