時評(3月18日)

日米両政府は外務、防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)を開き、共同文書で中国を批判し「日米同盟がインド太平洋地域の平和、安全と繁栄の礎」であると宣言した。 発足後間もないバイデン政権の重要閣僚が初めての訪問先としてそろって東京.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録