【緊急事態宣言解除へ】地方に警戒感と期待感

 緊急事態宣言下で閑散とする1月の大阪・道頓堀を背景に、丸山達也島根県知事(右下)、地方の商店街に置かれたボード(左下)のコラージュ
 緊急事態宣言下で閑散とする1月の大阪・道頓堀を背景に、丸山達也島根県知事(右下)、地方の商店街に置かれたボード(左下)のコラージュ
首都圏1都3県での新型コロナウイルス緊急事態宣言が21日までで解除される見通しとなった。新規感染者数の減少が頭打ち傾向にある中での解除に地方では警戒感が根強いが、全国的な経済活動の再開に期待を寄せる声も出ている。 ▽リバウンド 大阪府の吉村.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録