Freeハクチョウ北帰行盛ん/おいらせ・間木堤

北へ向けて青空を舞うコハクチョウの群れ=17日午前9時半ごろ、おいらせ町下田公園の間木堤
北へ向けて青空を舞うコハクチョウの群れ=17日午前9時半ごろ、おいらせ町下田公園の間木堤

青森県内有数の白鳥飛来地として知られるおいらせ町下田公園の間木堤で、冬を過ごしたコハクチョウが繁殖のためにシベリア方面へ向かう「北帰行」が盛んに行われている。17日も多くのコハクチョウが北へ向けて飛び立った。

 町白鳥保護観察員の蛯名幸政さん(85)によると、北帰行は2月下旬から始まり、この日も池で羽を休めていた419羽のコハクチョウが、夜明けとともに次々と飛び立ち始めたという。北帰行は3月いっぱいまで見られる。

お気に入り登録