再処理工場事故時の避難計画案を公表/六ケ所村

六ケ所村は17日、使用済み核燃料再処理工場での原子力災害を想定した避難計画案を明らかにした。工場で事故が発生した際、屋内退避や段階的に避難する緊急時防護措置準備区域(UPZ、半径5キロ圏)の住民については、太平洋沿岸の国道338号などを使っ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録