【日米2プラス2】同盟、対中シフト堅持

 最近の日米2プラス2
 最近の日米2プラス2
日米が外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)を開き、中国を見据えた「同盟の絆」(茂木敏充外相)を確認した。国際協調を掲げるバイデン米政権の下でも、同盟の「対中シフト」は維持された形だ。ただ日本は日中関係に影響を及ぼす圧力政.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録