核物質管理センターで火災/再処理工場 顔にプルトニウム付着か

公益財団法人「核物質管理センター」(東京)によると、16日午前10時40分ごろ、使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)内の六ケ所保障措置センターで火災が発生した。消火に当たった職員2人の顔などに放射性物質が付着。物質はプルトニウムの可能性もあ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録