名農高生、JGAP“先輩”の三農高生に学ぶ

農場周辺で排水の行き先などの環境をチェックする両校の生徒ら
農場周辺で排水の行き先などの環境をチェックする両校の生徒ら
青森県立名久井農業高(浅利成就校長)園芸科学科の生徒が、安全や環境保全などで持続可能な農場経営の基準をクリアした団体に与えられる「JGAP認証」の取得を目指している。12日、県内の高校で初めて認証を取得した県立三本木農業高の生徒を招き、“先.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録