東日本大震災の記憶共有して 八戸・みなっ知で災害講座

東日本大震災の被害状況や今後の教訓などについて講演する前澤時廣館長
東日本大震災の被害状況や今後の教訓などについて講演する前澤時廣館長
八戸市みなと体験学習館(通称みなっ知)で13日、発生から10年を迎えた東日本大震災を語り継ぐ講座「災害の教訓と伝承」が開かれ、講師を務めた同館の前澤時廣館長が、後世に教訓を伝える重要性を呼び掛けた。 市民ら約20人が受講。国内外で発生した巨.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録