【東通村長選・解説】「原発との共生」将来像を示せ

14日に投開票が行われた東通村長選で、村の未来を託されたのは新人の畑中稔朗氏だった。告示直前の出馬表明で、当初は村の厳しい財政運営を背景に、電力事業者との信頼関係が厚い、7期目を目指した現職有利との見方もあった。一方で電力事業者頼みの村の財.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録