コロナ感染2分で診断 顕微鏡でウイルス可視化

 記者会見する琉球大大学院医学研究科の金城武士助教=15日午後、沖縄県西原町の琉球大
 記者会見する琉球大大学院医学研究科の金城武士助教=15日午後、沖縄県西原町の琉球大
バイオベンチャー企業マイテック(神戸市)と琉球大は15日、新型コロナウイルスの感染が最短2分で分かる検査法を開発したと発表した。光の増強作用を生かしてウイルスを可視化し、顕微鏡での検査を可能にした。 PCR検査はウイルス遺伝子を増幅して検出.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録