【東通村長選】好きな言葉は同心協力/初当選した畑中氏の横顔

畑中稔朗氏
畑中稔朗氏
村の経済が低迷する中、同級生らから「3回連続の無投票は避け、流れを変えなければいけない」と、行政経験を買われて白羽の矢が立った。村の将来に対し、若い世代の不安が聞かれるようになったことも出馬決意の要因となった。 息子が障害福祉サービスを受け.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録