コロナ禍の就活事情 会社説明会オンライン主流も… 双方が意思疎通苦心

コロナ禍で学生の就職活動はオンライン化が進む一方、企業側からも学生側からも対面式の会社説明会を望む声が根強い(写真はコラージュ。上はリモートで学生に説明する青森県警の担当者、下は対面式で実施された合同企業説明会)
コロナ禍で学生の就職活動はオンライン化が進む一方、企業側からも学生側からも対面式の会社説明会を望む声が根強い(写真はコラージュ。上はリモートで学生に説明する青森県警の担当者、下は対面式で実施された合同企業説明会)
新型コロナウイルス感染拡大が続く中、就職活動の現場は非対面のオンライン方式が主流になっている。今月1日に解禁された2022年卒の大学生らの会社説明会は、北奥羽地方でも大半がリモートで開催。学生は一日に複数社の説明を受けられ、移動時間や交通費.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録