【ワクチン接種】分配方法、国「丸投げ」で自治体苦慮

 高齢者への新型コロナワクチン第1弾接種の割り振り例
 高齢者への新型コロナワクチン第1弾接種の割り振り例
当初、限られたワクチンをどう分配したらよいか―。高齢者向け新型コロナウイルスのワクチン初接種を巡り、都道府県は難しい選択を迫られた。国は接種を4月12日から始めるとしたものの序盤の確保量は少なく、分配方法は「丸投げ」。矢面に立たされた自治体.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録