時評(3月14日)

むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設が注目を集めている。発端は、運転開始から40年を超えた福井県内の原発再稼働を目指す関西電力の動きにある。再稼働を議論する前提として、原発の使用済み核燃料を一時保管する県外候補地を示すよう求めていた福井県に対.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録