天鐘(3月14日)

大相撲の歴史をさかのぼってみると、江戸の昔は興行の日数が今に比べて随分少なかった。場所は春と秋に10日ずつ。合わせて20日間取れば良かった時代もある▼〈一年を二十日で暮らす良い男〉とは、それだけで十分に生活できた当時の相撲取りたちを、やっか.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録