9年間過ごした学びや巣立つ 三戸・杉沢小中でも最後の卒業式

在校生と共に合唱する山本佳凪斗さん(中央)
在校生と共に合唱する山本佳凪斗さん(中央)
2021年度末で閉校する三戸町立杉沢小中(田中康文校長)で11日、最後の卒業式が行われた。唯一の中学3年生、山本佳凪斗(かなと)さん(15)が在校生や保護者に見守られながら、9年間を過ごした学びやを巣立った。 杉沢小は1884年、杉沢中は1.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録