【連載・漂うコメ】(1)需要減

慣れた手つきでシャリ玉とネタを握る職人。コロナ禍でコメの消費量は大幅に減った=2月中旬、八戸市の八食市場寿司
慣れた手つきでシャリ玉とネタを握る職人。コロナ禍でコメの消費量は大幅に減った=2月中旬、八戸市の八食市場寿司
新鮮な魚介類を扱う店舗が立ち並び、八戸市随一の観光客数を誇る「八食センター」。2月は例年、中華圏の旧正月「春節」に合わせて日本を訪れる旅行客でにぎわう書き入れ時だ。しかし、今年は新型コロナウイルスの影響で状況が一変し、観光客の姿はまばら。連.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録