【震災10年】「揺れたらすぐ高台へ」 遺族ら後世への教訓

 妻、長男夫婦、孫の同居家族4人を津波で亡くした鈴木堅一さん=10日、岩手県釜石市
 妻、長男夫婦、孫の同居家族4人を津波で亡くした鈴木堅一さん=10日、岩手県釜石市
東日本大震災の多くの被災地では、地震から津波が到達するまで30分以上の猶予があった。多数の人命が失われた結果に「避難できていれば助かったはず」と悔やむ声が今も絶えない。遺族や住民が、ほかの地域や後世に伝えたいメッセージは「揺れたら、すぐ高台.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録