【震災10年】浜風受けあの日に思い/八戸・市川地区

津波の被害が大きかった八戸市市川地区。10年が経過し、住民らはあの日に思いをはせる=11日
津波の被害が大きかった八戸市市川地区。10年が経過し、住民らはあの日に思いをはせる=11日
海と五戸川の双方から津波に襲われた八戸市市川地区。非住家を含め建物468棟が倒壊、流出するなど大きな被害を受けた。震災から10年。節目を迎えた11日、太平洋に面した防潮堤で浜風に吹かれながら、あの日に思いをはせる人々の姿があった。 午前中、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録