時評(3月12日)

「自由貿易の番人」の座から落ちかけていた世界貿易機関(WTO)が新しい事務局長を迎え、ようやく動きだした。トップである事務局長のポストは半年も空席だったが、ナイジェリアの元財務相オコンジョイウェアラ氏が難航の末に就任にこぎ着けた。初の女性事.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録