【震災10年】遺族「強く生きていく」 2年ぶり政府追悼式

 政府主催の追悼式で献花する、(左から)岩手県遺族代表の佐藤省次さん、宮城県遺族代表の荒川航さん、被災者代表の近江智春さん、福島県遺族代表の斎藤誠さん=11日午後3時48分、東京都千代田区の国立劇場(代表撮影)
 政府主催の追悼式で献花する、(左から)岩手県遺族代表の佐藤省次さん、宮城県遺族代表の荒川航さん、被災者代表の近江智春さん、福島県遺族代表の斎藤誠さん=11日午後3時48分、東京都千代田区の国立劇場(代表撮影)
東京都千代田区の国立劇場では11日、政府主催の追悼式が2年ぶりに開かれた。菅義偉首相や天皇、皇后両陛下、遺族代表ら計約210人が参列し、地震発生時刻に合わせて黙とうをささげた。時間の経過とともに被災の記憶が薄れる中、遺族は教訓を語り継ぎ、強.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録