【震災10年】災害住宅、高齢者が4割超 孤独死340人

 宮城県名取市閖上地区の災害公営住宅に1人で暮らす遠藤庄二さん(79)。団地には単身者が多く、「これからはもっと声をかけ合っていかないと」と話した=10日午前
 宮城県名取市閖上地区の災害公営住宅に1人で暮らす遠藤庄二さん(79)。団地には単身者が多く、「これからはもっと声をかけ合っていかないと」と話した=10日午前
東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で被災した岩手、宮城、福島3県に約3万戸が整備された災害公営住宅の入居者のうち、43%の2万1331人が65歳以上の高齢者であることが10日、共同通信の調査で分かった。3県の人口に占める高齢者の比率約3.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録