【震災10年・地域と原子力】(5・完)石橋勝大横浜町長

使用済み核燃料再処理工場のUPZの範囲拡大を求める石橋勝大町長
使用済み核燃料再処理工場のUPZの範囲拡大を求める石橋勝大町長
―東京電力福島第1原発事故をどう受け止めているか。 原子力の安全神話が崩れたのは大きな衝撃だった。原子力施設が立地する東通村と六ケ所村に隣接する自治体として人ごとではないとの思いを強くした。 町としては、想定外の事態に対応できるよう動いてい.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録