時評(3月11日)

愛する人に語り掛けながら静かに手を合わせる。再起を目指して一心不乱に仕事に打ち込む。いまだ帰れない遠いふるさとへ想いを寄せる―。節目の3・11を迎えた。 10年で変わったものがある。 元の場所に、切り開いた高台に、新たな街ができた。海沿いに.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録