【震災10年】今なお続く余震 「100年超」との見方も

 東日本大震災後10年間の地震の震源
 東日本大震災後10年間の地震の震源
2011年の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)は、国内の観測史上最大となるマグニチュード(M)9・0の超巨大地震だった。余震は10年たった今も起きており、2月13日には福島県沖でM7・3が起きた。専門家からは「100年続く」との見方も出て.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録