震災翌日生まれた命 大手術乗り越え「将来はお母さんみたいに」

あす12日、10歳になる坪胡々菜さん(中央)と、忠之さん(左)聖子さん夫婦。大震災と大手術を乗り越え、すくすくと育った胡々菜さんの将来の目標は、聖子さんのような優しい母になることだ=2月下旬、八戸市新井田
あす12日、10歳になる坪胡々菜さん(中央)と、忠之さん(左)聖子さん夫婦。大震災と大手術を乗り越え、すくすくと育った胡々菜さんの将来の目標は、聖子さんのような優しい母になることだ=2月下旬、八戸市新井田
2011年3月11日午後2時46分、八戸市新井田の坪聖子さん(45)は激しい揺れの中、大きなおなかをかばいながら必死に椅子にしがみついていた。入院していた市内の病院は停電。冷え込んだ真っ暗な病室で不安な夜を過ごした。翌12日未明、陣痛が始ま.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録