【きょう震災10年】被災3県、止まらぬ人口流出 減少率全国の3・5倍

 被災42市町村の人口増減率
 被災42市町村の人口増減率
東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の被害が大きかった岩手、宮城、福島3県42市町村の9割で、震災前より人口が減ったことが10日、分かった。減少率は6%で全国の3・5倍のペースだ。高齢化が進み、働き手世代の流出も止まらない。日本社会が人口.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録