保険金水増し請求詐欺、男が起訴内容認める/地裁八戸

知人の経営する整骨院で通院日数を水増しし、自動車保険金をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた八戸市沼館2丁目、無職の男(31)の初公判が10日、青森地裁八戸支部(小川惠輔裁判官)であり、罪状認否で同被告は起訴内容を認めた。検察側は次回以降、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録